ケアマネの質で生活の質も決まる?!ケアマネは介護人生のカギを握るキーパーソン!

正式名称は介護支援専門員、またはケアマネジャーですが、現場では「ケアマネ」「ケアマネさん」と呼ばれています。

介護認定を受けると「介護の必要度」に応じた介護度が決められます。

介護度が決まり認定が下りたからといってその人が勝手にデイサービスなどの介護保険サービスを使えるわけではありません。

ケアマネがいる居宅介護支援事業所等で自分の担当になってもらうケアマネが決まったら、その担当ケアマネと今後のサービスについていろいろと話し合いをします。

ケアマネは介護サービスを実際に利用される利用者さんと、介護の窓口であるご家族のニーズをしっかり聞くなかで、少しでも双方のニーズを満たせるような計画・目標を立てながら(ケアプラン)、サービスの利用にからみ事業所と連絡・調整を図るのです。

ケアマネは介護保険制度の知識だけではなく、担当する利用者さんが住む行政のサービスにも目を向けしっかりと情報収集をしています(はずです)ので、いかにケアマネが多角的に介護に有用となる情報をもっているか、またそれを提示してもらえるかが重要です。

ですので経験を積んだケアマネは、地域のサービスや事業所の特徴なども熟知しているだけでなく、介護サービス事業者とのネットワークもあるので安心できる面もあります。

またケアマネになるための試験を受けるには、基本的に医療や福祉分野で5年以上の実務経験を積んでいることが条件となっていますので、ケアマネはなんらかのベース資格をもっています。

ベース資格はさまざまで、看護師などの医療系、社会福祉士などの福祉系もあれば、栄養士など多岐に及びます。

それぞれの専門分野の知識や経験を活かし、ベース資格で優劣はありませんが、実際の現場では、看護師ベースのケアマネが医療面で何かと相談やアドバイスももらえるという理由で頼りになるとの声も聞きます。

介護が必要な生活をいかに心身安心して過ごせるかは「ケアマネ次第」といっても過言ではありませんので、良いケアマネに(相性も含めて)
巡り合えるというのが、利用する事業所、施設選びにも影響しますので、その後の人生にも左右するかもしれませんね。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーは介護支援専門員とも言います。その名のとおり、介護支援のプロフェッショナルで、介護現場ではコーディネーターの役割を果たしています。

一人のケアマネージャーが、複数名の要支援者や要介護者を受け持ち、その担当している要支援者や要介護者のコーディネートを行います。施設やサービス業者との連絡や調整の役割を行いますが、どちらかといえば要支援者や要介護者の立場から調整を行います。

ケアマネージャーの仕事は、介護が必要な高齢者の依頼から始まります。

依頼されれば、依頼者のもとへ出向き介護相談に乗ります。

本人様から、体の状態や生活スタイルなどの話を聞き、困っていることや助けてほしいことが無いのか話を聞きます。

また、家族からの話も聞き家族の立場からも、困っていることや助けてほしいことは無いのか話を聞きます。マイナス面の話だけでなく、今後も持続してほしい事などの話も聞きます。

本人や家族からの話を聞き、状態を確認したら要介護認定の申請を行います


歩けなくなった、認知症が進行し目が離せなくなったなど、体の状態だけでなく認知度の調査なども行い、地方自治体へ要介護認定の申請を提出します。

要介護認定とは、その高齢者が介護給付を必要としている状態か、それがどの程度必要なのかを認定することです。

その認定が通れば、介護度に応じた支援を調整します。

高齢者や家族にどのようなサービスがあるのかの情報提供を行い、希望したサービスを受けられるようにします。

その際、デイサービスセンターや福祉用具レンタルサービス会社などとの連絡調整を行います。

サービスの中心となる、高齢者と家族の希望が記載されているのがケアプランです。そのケアプランを作成するのも、重要な仕事内容です。

ケアプランをもとに、各種サービス会社はサービスを提供します。

各種サービスが適切に提供されているか、新たに必要なサービスはないか、高齢者や家族の状態に変化はないか定期的に見直しを行い、その都度要介護申請やケアプランの変更を行います。

その際、各種サービス会社からも情報収集を行います。
必要に応じて、各種サービス会社や高齢者、家族が集まって話し合いを行う時もあります。

また、介護保険の給付を請求するなど事務的な業務もあります。

ケアマネージャーが行う仕事と求められる資質

新聞や雑誌の求人広告を見てみると、介護士不足のためか、高齢者施設の介護支援員の募集を多く目にします。

それよりは数は少ないですが、「給料が他の施設より高い」などという介護の求人を見てみると「ケアマネージャー」の募集であったりします。

ケアマネージャーは別名「介護支援専門員」とも言います。

ケアマネージャーの仕事は介護保険で規定されている様々な施設が職場となります。

居宅介護支援事業所では、要介護認定(1~5)の認定を受けた場合に、相談する所です。

地域の様々な介護サービスを、人それぞれの生活に合うような施設を紹介たり、組み合わせたサービスを紹介たりし、それに合わせて個々人のケアプランを作成します。

在宅介護支援センターとは保険医療と社会福祉のサービスを総合的に情報提供する場所です。

ここには保健師・看護師・社会福祉士・介護福祉士がケアマネージャー以外にも配置されております。

ここでは、介護保険のサービスを受けられない高齢者の処遇についてなど難しいケースの検討も行われています。

これらの在宅関係の施設では、地域のあらゆる資源を活用し、個々の高齢者にあったサービスを提供できるようなケアプランを立てて、地域との連携を図っていくことがケアマネージャーの大きな役割と言えるでしょう。

その他にも在宅で介護サービスを受ける高齢者の施設でケアマネージャーが活躍する場には、地域包括支援センターなどがあります。

在宅で介護が困難な方が入所する施設でもケアマネージャーは必要とされています。

介護老人福祉施設といって、昔(今でも多くの方が)は特別養護老人ホームと言われる施設です。

ここでのケアマネージャーの仕事としては、入所してきた高齢者本人やその家族と面談などを行い、様々な情報を収集するアセスメントというものを行い、高齢者個々の特性や状況を把握します。

そして、その高齢者に日常的にかかわる、担当の支援員や看護師などとケアカンファレンス(会議)を行い、その方への支援のあり方などの情報共有や共通理解を行い、次のステップには、どのような支援が、その高齢者に必用なのかを検討していったりします。

この介護老人福祉施設(特養)の他に、認知症対応型共同生活介護や介護療養型医療施設などの入所施設でも、同じように、個々の高齢者に必要な支援を検討していくリーダー的存在として、ケアマネージャーには、その責務が求められています。

ケアマネージャーは、高齢者本人以外にも、その家族や、その高齢者に関わる医療関係者、現場の介護支援員、看護師、保健師などとの連携が多く求められます。

それだけ多くの仕事が割り当てられてはおりますが、サービスを利用する高齢者のことを一番に考えてあげることの出来る、大切なやりがいのある存在・仕事であると思われます。

ケアマネージャーになるためには?

ケアマネージャーになるためには、まず、大学or専門学校or短大を卒業します。

そして、

①国家資格を取得+介護などの実務経験を5年間積む

(国家資格には、介護福祉士・保健師・薬剤師・社会福祉士・看護師・助産師・理学療法士などがあります。

一般的には同じ介護の現場、ということで、介護福祉士からケアマネージャーの資格取得を目指す方が多いようです。)

②介護などの実務経験を10年積む

①か②、どちらかの経験を経る必要となります。

(介護経験と言っても、家で家族を介護していた期間などはカウントされません。あくまでも老人福祉施設等の施設で、または在宅介護サービスなどでの話です。)

これをクリアして初めて、「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格を得ることができます。

(介護支援専門員は国家資格ではなく、公的資格となります。)

試験は各都道府県が、1年に1回、毎年10月の日曜日に開催しますので、お住まいの都道府県で受験しましょう。

試験の出題分野は、介護支援分野・保健医療福祉サービス分野などで、試験時間は120分、問題数は60問、出題形式は解答5個の選択肢から、2つから3つの正答を選択するマークシート方式です。

1問につき2分ほどで回答しなければならないため、毎年全国で15万人前後が受験しますが、合格率は15%前後とかなり低いです。

そして、この試験に無事に合格した後、介護支援専門員実務研修(32時間以上)を受講し、全日程に参加し修了しなければなりません。

修了後に、各都道府県に申請書を提出→受理→介護支援専門員証が交付(お住まいの各都道府県知事が発行します!)されたものを受け取って、やっとケアマネジャーを名乗ることができます!