ケアマネジャーの役割とは?

ケアマネジャーは、介護保険の介護サービスを利用するときに重要な役割を果たす仕事です。
介護保険による介護サービスを受けるには、まずケアプランを作成する必要があるのですが、このケアプランを作成するのがケアマネジャーです。
ケアプランは、どのようなサービスを何のためにいつどれだけ利用するかについての計画です。
ひとりひとりのニーズに合ったサービスを効率よく提供するために必要不可欠なものです。
ケアプランは自分で作成することもできますが、ケアマネジャーに依頼して作成してもらう場合が多いです。
もちろん、ケアマネジャーが勝手に作ってしまうものではなく、介護を受ける本人やその家族の希望を盛り込むことができます。
ケアプランは、本人、家族の希望や状態を聞きながら、ニーズに沿って作成されるものです。
また、ケアプランは利用者本人や家族の同意を受けてから完成するものです。
介護サービス利用者のニーズや希望に沿って、介護サービスの選択や調整を行うことをケアマネジメントといいます。
ケアマネジメントは、本当に利用者の為になる介護サービスを効果的に、そして効率的に提供するために欠かせません。
ケアマネジメントを行うのがケアマネジャーです。
このように、ケアマネジャーは、介護を受けたい人と介護サービスを提供する側を結びつける大切な役割を担っています。サービスが開始されて以降も、利用者と介護事業者、市町村などの間の連絡・調整を行ったり、ケアプランの見直しや評価を行ったりします。
利用者やその家族からすると、介護サービスについて知りたいことがあったり疑問があったりする時に、いろいろと相談できる窓口でもあります。
有能なケアマネジャーは地域の介護事業者や独自のサービスなどに精通していたり、介護関係の人脈があったりして頼りがいがあります。
介護サービスを利用するにあたっては、信頼できる有能なケアマネジャーを選ぶことが重要です。

ケアマネージャーの仕事・作業内容

昨今の日本は深刻な高齢化社会となっています。
特に自分では身の回りの事が出来ない方は家族だけでは面倒を見る事が出来ずに介護施設にお願いするケースも多くなっています。
そんな介護施設には高齢者の支援を行う職員も大勢いらっしゃいますが、さらに試験を突破しケアマネージャーの資格を保有している方もおります。
そんなケアマネージャーの仕事内容について掲載していきます。
まず利用者及び家族の介護相談です。
施設にて面倒を観る為には利用者がどんな事が可能なのか、どんな不安を抱いているのか、家族はどのように介護を行ってもらいたいのか等の相談事が必須となってきます。
この相談によって利用者一人一人にあったプランを作成しなくてはいけないのです。
このプランの作成によって支援方法も変わる為、非常に重要な仕事となってきます。
次に要介護認定の書類の作成を行う点です。
高齢者によっては身の周りの事が少し行える方や全く何も出来ない方などさまざまとなっています。
その度合いによって要介護レベルが変わり助成金等が支給されるシステムになっています。
国に提出する書類となっている為、細部に渡る専門的な知識が求められる役割となっています。
専門的な知識と卓越した技術があってこそ行える業務となっています。
次に利用者や家族の方の満足度を把握する点です。
いくら施設側が最高のサービスを行っていたとしても、受けている側が不満や不安を感じていては利用者や家族はその施設を辞めたいという気持ちが出てしまいます。
そんな不満や不安を利用者や家族から聞いてプランの改善を行い、気持ち良く利用できる環境作りを行わなければならないのです。
ケアマネージャーは利用者の気持ちになって考えていく事が求められる大仕事となっています。

 

ケアマネージャーとは?どんな仕事?

ケアマネージャーの正式正式名称は「介護支援専門員」です。
介護の必要な方が家族にいて、介護サービスを利用したい場合、どれくらいの介護が必要なのかの判断するための調査申請を行います。
調査を受けて介護度を認定された後に、初めてその介護度に応じた介護サービスを受けることができます。
いきなり施設に飛び込んで行って、入居や介護サービスを頼んでも施設側はどれくらいの介護を行えば適切なのかが分かりません。
そこで、介護者本人に合った(例えば、どのような施設で?どの程度の介護が必要なのか?)サービスを紹介するのがケアマネージャーです。
介護される本人や、その家族が希望している介護サービスをスムーズに利用できるよう、地域の施設の癖・雰囲気・サービス内容を熟知しているケアマネージャーがケアプラン(介護計画)を作成します。
働き場所としては、介護老人保健施設や介護老人福祉施設などいわゆる老人ホームなどの施設で、利用者100人につき1人のケアマネージャーを配置する義務があります。
利用者とその家族が提案したケアプランに満足した場合、ケアプランを提供することができます。
施設で働いているケアマネージャーさんは、介護の仕事にも携わります。
(これを施設ケアマネと呼び、以下は居宅ケアマネよ呼ぶようです。)
他にも、市町村の役場に設けられている地域包括支援センターや在宅介護支援センターなどで働き、在宅介護に関するアドバイスを提供したり、介護現場の調査し、把握に務めます。
居宅介護支援事業所では、介護者や家族の代理人として、施設への苦情を処理したり、橋渡しを受け持ちます。
デイサービスやショートステイを行う小規模多機能型居宅介護では、利用者25名につき1人のケアマネージャーの配置義務があります。
障害者が住居を共にするグループホームでも1名のケアマネージャーを置かなくてはなりません。
ケアマネージャーの仕事は多岐に渡り、深い知識とかなりの体力が必要です。