ハローワーク 求人!転職IT正社員webSEエンジニア求人!スキル評価はキャリアアップだけじゃない?IT・WEB関連の転職専門サイトの情報量と収入満足度が抜群!理由は簡単エンジニアを資産として最も高い地位に評価できる転職支援は面談と入社率の高さから判断できるシークレットな非公開求人の現実と人事担当者の手腕が利用できます。
クリエイト求人|webデザイナー求人!ハローワーク求人
エンジニアIT正社員の求人情報 ならITエージェントが確実
クリエイト求人|webデザイナー求人
ITエージェント|正社員webSEエンジニア求人転職クリエイト求人に特化
転職IT正社員webSEエンジニア求人!スキル評価はキャリアアップだけじゃない?IT・WEB関連の転職専門サイトの情報量と収入満足度が抜群!理由は簡単エンジニアを資産として最も高い地位に評価できる転職支援は面談と入社率の高さから判断できるシークレットな非公開求人の現実と人事担当者の手腕が利用できます。

フワーッとしたクリエイト求人・転職情報は必要ですか?
ITエージェントならIT・Webクリエイト求人に完全特化しているので無駄がありませんよ♪
必要な転職先の最新エンジニア情報だけ入手できます。

レバテックキャリア
転職IT正社員webSEエンジニア求人

スキル評価はキャリアアップだけじゃない?

クリエイト求人 ハローワーク求人

IT・WEB関連の転職専門サイトの情報量と収入満足度が抜群!

理由は簡単エンジニアを資産として最も高い地位に評価できる転職支援は面談と入社率の高さから判断できるシークレットな非公開求人の現実と人事担当者の手腕が利用できます。

人事担当者との日常会話から産まれるシークレット情報が欲しくありませんか?

まず一番にいえることは転職先の会社の内部情報までガッツリつかめること・・・

このあたりが最も貴重な情報なのです

長年エンジニア業界に特化して求人情報を扱って来たレバテックっだから可能な求人案件があります

IMG

レバテックって何?
レバテックはエンジニア&クリエイター関連に特化した求人・案件情報の大手です。
転職支援やフリーランス向け案件への参画サポート、業界ニュースの発信、勉強会【ヒカ☆ラボ】を通じて、エンジニア&クリエイターにとって一番身近な相談相手となることを目指しています。
レバテックキャリアではIT・Webエンジニア専門の転職エージェントとして年間3000回以上の開発現場ヒアリングに寄って、スキルと経験の市場価値を知り尽くしたエージェントが、「強みを活かした転職」をご提案しているのです。

レバテックキャリア
 ↓ ↓ ↓

レバテックキャリア

レバテックはIT関連エンジニアの正社員求人情報です!

満足度がかなりあるITエージェントです・・・関東で転職に成功した人の評価はかなり高いですよ・・・

キャリアコンサルのIT・WEB業界知識レベルが高いのでかなり役立ちます

どちらかと言うとマイナー的ITエージェントの割には情報量が超Aクラスて言う状況が狙い目ですね・・・

情報を取り合いしなくても下りてくる確率が高すぎるほどです。

このあたりが超メリットで満足度の高さに現れているのでしょうね・・・

結果的にも、面談と採用率の高さに実績として現れています。

IT/Web業界の景気が良好!!

現在、IT関連エンジニア業界での転職は、非常に有利な条件です!

IT/Webのエンジニアが転職するのは・・・・

今でしょう!♪

IT/Web業界の求人倍率は2015年現在で3倍以上・・・

期待される正社員なら・・・倍率の問題外の存在かもしれません!!

リクルートキャリアによると2015年の職種別では

 ↓ ↓ ↓

インターネット専門職の転職求人倍率は・・

ななな・・なんと

→→→→xxx倍→→→ダントツのトップみたいですね!

そう。あなたが転職すれば、完全な金の卵でしょう?

サー今すぐ

転職サイトに行くか?

レバテックキャリア

 ↓ ↓ ↓

もっと詳しく調べて大回りするか?

いずれにせよ・・・転職するのは1人だけ!

お勧めの方法は

レバテックキャリアで答えを見てから、転職への道程を再構築するのが王道といえるでしょう!

ゲーム業界では、任天堂すごいけど・・・近年はガンホ-ですね♪でもいくら待遇が良くたって、この業界、35歳定年説はいただけないですね・・・

生き残れる手段は、注目の言語や先の技術を習得し、

汎用性の高いスキルを身につけることでしょうかね?

それがわからないから、苦労し手いるのですが・・・

早期転職には年代に応じたルートを活用して求人の収集を行うことがポイント

転職支援の業務に従事していた経験から、求人は年代によって探し方を変える必要があると思います。

20代から30代前半のいわゆる若年層なら基本どのルートからでも情報は収集出来ますが、特に転職サイトを大いに利用すべきでしょう。

今は転職サイトの数も増えているので業界毎や職種毎に探すことも出来ますし、大前提としてこれらのサイトは若年層からの応募を想定
した求人を多く保有しています。

一方で年代が上がって来るにつれて情報ルートを拡げて探す必要が出て来ます。

転職サイトも大切なルートとして活用しつつ、ハローワークの求人やフリーペーパーに掲載してある求人も小まめにチェックする必要があります。

そしてチェックするだけでなく少しでも条件にあてはまる求人があればどんどん応募することが大切です。

特に30代40代は最も転職組が多い年代なので、まごまごしていると直ぐに応募締切となってしまうケースがとても多いのが実情です。

更に年代が上がって50代以上になれば、独自のルートを活用出来るかどうかがカギを握っています。つまり人脈です。

皆が応募出来るルートからの求人では若い人から採用されるのが常です。最近はこの傾向がより一層強くなっている印象があり、応募の受け付けさえ応じてもらえないことも多くあるくらいです。

逆に年齢が高い分人脈は若い人に負けないものがあり、これを活用することで競争相手の少ない求人を手にすることが可能になるのです。

しかし中にはプライドが邪魔をして知り合いに頼めないというケースも少なくありません。

でも今は状況が状況なので、そんなことを言っていては転職出来ません。

人脈が使えるということはイコール自分のキャリアなのですから、臆することなく活用すべきなのです。

このように年代に応じて効果的な求人ルートを活用することで、早期の転職に結び付きます。

求人情報の閲覧はくWEBで行うのが主流

仕事探しが便利になった時代です。

求人情報の閲覧は今や、誌面ではなくWEBで行うのが主流となってきました。
理由はやはり便利さにあるでしょう。

求人情報誌も勿論利用されてはいますが、WEBの便利さにはやはり敵わないのではないでしょうか。
情報誌の莫大な情報から、希望する求人先をみつけるのは中々骨の折れる作業なので、
WEBサービスはなくてはならない存在となっています。

WEBでの求人情報サービスは、職種や給料、働ける時間帯等、自分にあった条件の求人情報が簡単に絞れるのが最大の魅力です。
またWEBサイトによっては、会員登録することで自分にあった求人情報をいち早く得ることもできます。
仕事先を探すのに大きな時間短縮につながるでしょう。

企業によってはインターネット応募を受け付けている会社も多く存在するので
電話が苦手であったり、なかなか仕事探しの一歩を踏み出せない方にはとても嬉しいサービスです。
求人先企業のHP情報等が展開されている場合もあります。
応募する前に、どのような企業なのかどんな職種なのかを事前調査するのもお勧めできます。
その情報を元に、会社に対する口コミ等も簡単に検索できますね。
また、手に入れた情報は面接時にも重宝されます。

無料の求人情報誌もありますが、有料誌ももちろんあります。
その点、WEBサービスの利用には本紙料金はかかりませんし、紙ごみの発生も防げます。
一度WEBで求人情報の閲覧をすると、情報誌の購入が勿体なく感じてしまうのではないでしょうか。

実はWEBでの求人情報サービスにはもう一つお得感を感じるシステムが隠されています。
それは新たにオープンする店舗の情報をいち早く得られるということです。
自宅近所にコンビニやスーパーが新たにオープンするなど、生活する上でのお得な情報を手に入れると少し嬉しい気持ちになりますね。

PCやスマートフォン、タブレットの使用が当たり前の時代です。
折角の便利なシステムを利用しない手はないでしょう。

ナビに頼りすぎないで!時期によってはハロワも活用を!!

私は専門学校で就職支援を担当している事から、
通常の学生や一般の方よりも求人サイトを見る機会が圧倒的に多いと思っています。
ハローワークを始め、マイナビやリクナビはもちろん、中小企業同友会など地元ならではのサイトまで、
いつも6~8程度のサイトで求人検索をしては、掲示板に貼りつける、そんな仕事をしています。

求人検索で一番大切なのは、更新日。
親切に更新履歴を出してくれているサイトもありますが、
求人サイトは掲載されていてもエントリーは受付不可となっているケースも多く、
またエントリー可となっていても、採用はすでに終わっていると言う現実もあります。
なので、企業側が利用している、活用しようとしている、
そのタイムリーなものだけを抽出して、学内に掲示しています。

実際に採用担当者から言われたことがあるのですが、
採用が終わっていたとしても、掲載を続けておき、「おっ!」と思った人にだけ返信する。
そんな大人の知恵を活用しているケースも多く、この企業がまだ採用しているの?と疑問に思った場合は、
上記のような事態を想定しておいた方が無難なのかと思います。
相手が興味を持つような有名大学であれば別ですが、
そのような終わりかけのタイミングで自分に興味を持たせる場合は、
特化した資格や技能が必要で、営業や事務、販売的な仕事であれば、
経験上、学校名で興味を示されない限りお祈りメールしか届かないと思っていた方がよいです。

過度に期待をして、すでに終わっている企業にアタックする労力を費やすよりも、
これからの時期はハローワークが内定に繋がりやすいと思います。
マイナビなどへ掲載する資金力がない、予算を使い果たした企業はハロワに流れますので、
ハロワの求人は10月以降増えていきますし、中途採用と新卒採用の双方で求人を掲載するケースも多くあります

就職活動のナビ解禁から半年間程度はナビ中心に
それで内定に繋がらない場合は、ナビを離れハロワに移行。
時期によってサイトを使い分けるテクニックは案外、功を奏すると思います。

求人サイトを利用する就職活動のメリット

今まで、就職先やアルバイト先を探すために、インターネットの求人サイトを利用してきました。

求人サイトの中でも、アルバイトが中心のサイト、正社員としての就職が中心のサイトなどがあるので、自分の目的によってそのサイトを使い分けました。
正社員でも飲食店などの場合は、アルバイトと同じ求人サイトに情報が載っていることが多くありました。
私はアルバイトは飲食店のホールを中心に探していましたが、就職での希望職種は事務職でした。
新卒の時は新卒向け求人サイトを利用していましたが、卒業してからは転職サイトに切り替えました。
求人サイトを利用するポイントは、自分がどんな仕事をしたいか明確にすることです。
自分がやりたい仕事の情報が少ない求人サイトを利用してもあまり意味がありません。
自分がやりたい仕事が多く掲載されている求人サイトを利用し、複数の会社から比較して受ける会社を絞っていくべきです。
就職やアルバイトをしようと思った時、自分の中でこれだけは絶対に譲れないと思うような条件があるかと思います。
例えば、給料や職種、会社の場所などです。
求人サイトはある程度その条件を絞った検索ができるのが良いと思います。
それによって自分が興味のある会社が興味のない会社の中に埋れてなかなか見つからないということもなくなります。
私は転職サイトで今の会社を見つけました。
アパレルのメーカーの一般事務ですが、求人サイトを使わなければ今の会社にも出会えず就職で更に苦労したと思うので、求人サイトを利用して本当に良かったと思います。
求人サイトはサイトを通してエントリーシートが書ける点も良いです。
就職先を探すのにたくさんのメリットがある求人サイトは本当にお勧めの就活方法です。

お金を掛けずに求人を効率よく調べる

最近の求人情報の事情と言うのは、様々な媒体で求人情報が見られるとても有り難い環境と言えます。ハローワークなどへ、申請する物を出すついでに行って調べるというのも一つの手段ですが、昨今はもっと身近な所に求人情報があったりします。
正社員の求人も勿論ですが、アルバイトの情報まで掲載されている求人誌が、普段何気なく行く様なお店の出入口に置かれているのを見た事があるでしょう。最近ではこういったラックに、タウン誌と一緒にフリーの求人誌が置かれているのは珍しくありません。このタイプの求人誌は、有料の求人誌と違い若干薄いのですが、薄いには薄いなりの理由があるのです。無料という事よりも、このタイプの求人誌は地域密着型の求人を掲載しているからです。これを見ない手はないでしょう。今住んでいるエリアの求人情報が欲しいという方には、これ以上便利な求人誌はありません。
住んでいるエリアの近くなど、ある程度場所を絞って求人情報を調べる場合には、上記の様なフリーペーパーの求人誌や地域版の有料求人誌で探すのがベターでしょう。
しかし、全く違う地域の求人を探す場合は、それでは不十分です。そこで役に立つのが、インターネットを利用した求人情報サイトの活用です。インターネットの求人サイトの場合、大きなサイトでは全国を網羅している場合が多く、希望するエリアを絞り込み検索出来るので、希望している様な職種や待遇の企業があるのか無いのかが直ぐに判ります。エリアよりも職種を優先してという使い方も可能で、ピンポイントで求人を見つける事が出来ます。
この様に、最近では人それぞれの状況に応じて様々な求人を探す手段があるので、自分に合ったスタイルで条件に合った求人を見付けてみましょう。

効率よく仕事を探すために利用したこと

先日転職成功したものです。
転職成功者として、現在就職や転職で求人をお探しの方へアドバイスできればと思います。
ここに転職活動で役に立った事を書きたいと思います。

まずは転職をするためには求人を探さなければなりません。
一般の求人媒体でも求人を探す事は可能ですが、もし自分が転職をしようとしている業界の専門的な求人サイトがあれば
その求人サイトを利用して求人をさがす事をおすすめします。

業界の求人サイトなのでその業界の求人を専門的に扱っています。
求人数も豊富で自分が探している求人を最も効率よく探す事ができます。

業界専門の求人サイトが豊富な求人を扱っている事は業界専門の求人サイトのメリットでもあります。
しかし、業界専門の求人サイトのメリットはそれだけではありません。

業界専門の求人サイトには業界専門のキャリアアドバイザーという職種の方が在籍しています。
このキャリアアドバイザーを味方にすると転職活動は断然に有利に行う事ができます。

求人探しから就職が決まるまでの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。
転職活動をしていたら時には不安になる事や悩みを抱える事が必ずと言っていい程でてきます。
そういった不安や悩みもキャリアアドバイザーに相談する事で全て解決するといっていいでしょう。

そしてキャリアアドバイザーに自分が働きたいと思う企業の条件を伝えておけばキャリアアドバイザーが数多くある求人から厳選して求人を探してくれます。

私もキャリアアドバイザーには何度助けられたかわからないくらいお世話になりました。

上記で述べたように求人サイトを利用する事で数多くのメリットがあり、転職活動には大きく役に立ってくれます。

現在、就職や転職で求人をお探しの方に上記でご紹介した事を参考にして就職・転職活動を行ってほしいと思います。

求人情報サイトは、サイトの特徴を活かして自分が希望する仕事を見つける。

今はインターネットを求人情報を探す方が多いと思います。

求人情報の検索サイトを使えば、自分が希望する仕事を見つける事が出来るでしょう。

求人情報の検索サイトで優れているのは、条件で絞り込んで検索する事が出来る事です。

自分が働きたい地域や、自分が働きたいと思う職種や条件で絞り込んで検索する事が出来るので、効率良く仕事探しを行う事が出来ます。

パソコンからはもちろんの事、携帯やスマホからでもアルバイト検索が出来、時間がある時に仕事探しを行えて便利です。

インターネットは情報が早いので、ほぼリアルタイムで求人情報が掲載されます。

こまめに新着情報等をチェックしていれば、かなり良い求人を見つける事も可能です。

今の時代はインターネットを活用してお仕事探しを行うのが、最も効率の良い探し方と言えるでしょう。

求人情報サイトによっては、登録をして自分のプロフィールを載せる事によって、求人を出している企業側から連絡が来る事が有ります。

「一度面接をさせてください」と言うようなスカウトが来る事があるので、自分に興味を示してくれる企業に出会う事が出来ます。企業側からコンタクトを取って来るのですから、その企業に採用される確立は高いはずです。

登録制の求人情報サイトで、一人一人に担当が付く所が有ります。

就職や転職活動を担当の方がサポートをしてくれるので心強い味方です。中には面接まで一緒について行ってくれる所もありますから、一人で就職や転職活動を行うのが不安と言う方は、そういった手厚いサポートの有るサイトを利用すると良いでしょう。

インターネットには沢山の求人情報サイトが有りますが、それぞれのサイトの特徴を活かして、そのサイトを最大限利用するようにしてください。

希望条件を付け過ぎないように探すことがポイント

ハローワークの仕事探しポイント|ITエージェント

ハローワークでは各人が求人情報検索機を利用して希望の求人を探すシステムになっています。そのため窓口では「希望の求人が無い。どうやって探したらいいのか」といった相談が数多く寄せられます。

検索機利用のポイントは条件を付け過ぎずに検索するということです。画面上には求人に関する条件項目に希望を入力するように指示が出ますが、必ずしもすべての項目に入力する必要はありません。むしろしない方が賢明です。

なぜなら附される条件が増えれば増えるほど対象の求人数は減るからです。そもそも求人の絶対数自体がまだ少ない現状で、必要以上の絞り込むことは効果的ではありません。現に「検索機では仕事が見つからない」という人の大半が全ての項目に条件を付けていたりするのです。

コツとしては譲れない条件を1つか2つに絞り、それ以外の条件は不問として出来るだけ多くの求人を目にすることです。さらに条件を附すにしても幅を拡げて条件設定することもポイントです。

例えば給料は25万円欲しいとしても設定条件は23万円程度にして検索するのです。そうすることで基本給は23万円でも手当が付いて25万円を超えるケースもあります。また25万円希望で設定すると24万9千円の求人はヒットしません。検索機なので機械的に処理するからです。

こうした事例は勤務地でも同様です。A市での勤務を希望しA市のみを入力すると隣接するB市はヒットしません。仮に会社が隣り合っていても弾いてしまうのです。

また中高年以上になると雇用形態も考え直す必要があります。つまり正社員求人だけでなく契約社員も視野に入れることです。実際に中高年は契約社員でしか採用しないという会社は増えて来ています。また場合によってはパート求人でも時給単価が高い求人もあります。

こうした条件面を再考することは単に求人を探しやすくするだけでなく、自分の働き方や家族にとって大切なことを改めて知ることにも繋がります。焦る気持ちも分かりますが、冷静に必要条件を把握しておくことが早期に求人を見つけるポイントとなるのです。

求人の探し方について

求人の探し方について、あくまで私での経験のお話をさせていただきたいと思います。

求人の探し方については、インターネットによる検索、あるいは求人雑誌を読んだり、または求人サイトに登録をする等々、多種多様な探し方があるかと思います。

僕はとにかくハローワークへ通い求人を探し応募するという事をしました。実際仕事をしてる中での転職ということで限られた時間で給食をしました。基本的には土日が休日だったのでその時間を使い、土曜日やっているハローワークへ通いました。

不景気といわれ求職が減っているといわれていますが、僕の感想としては探せば結構あるじゃないかと印象をうけました。そして、2度通ったくらいに連絡をさせていただいた企業に面接をさせてもらい採用していただき現在働いているという状態です。さがした時期がちょうどボーナス後ということがあり求人が多かったのも関係があるかもしれません。

意外と私自身すんなりと転職ができましたが、やはりやるきと根気が必要ではないかと感じました。職は探せば意外と好条件の求人が見つかるという印象をうけました。

また私の兄は少し変わった方法で、色々な人に雇ってもらえるところはないだろうかと伺い、その紹介で就職をしました。他にも誰かの紹介で就職したという人の話を聞きますが、この方法では意外と決まる確率が高いと思います。あくまで私のみの周りのお話ですが。。

正直私自信も求人の探し方についてはどのようしていいのか全くわからず戸惑いました。というのも探し方には色々と種類や方法があり幅広いからです。なので、もし求人を探される方はまずはどのような方法があるか、そしてどれが自分にあっているかを考え求人探しをされるのがよろしいかと思います。

ハローワークでは担当者を味方につけるといろいろ情報が聞き出せます。

ハローワークで求人を探すコツは窓口担当者と仲良くなることです。

仲良くなるというと語弊があるかもしれませんが、要はいかに担当者を自分のために動かすか、ということです。

ハローワークでは相変わらず数多くの求職者と相談しているため、ある程度事務的になることは避けられません。

そこで自分のことをいい意味で印象付けることが大切になります。

例えば「何でもいいから仕事を探してくれ」と来る人は悪い印象になります。

仕事に対して投げやりであるとか、態度が横柄という印象がついてしまうからです。

逆に「こんな経験がある」「こんな仕事がしたい」と熱心な相談を重ねれば、担当者が意識して求人を見ておいてくれるようになります。

また仕事の話に限らず人間性が伝わるようなエピソードなども話しましょう。とにかく自分を気に入ってもらう工夫をするのです。

更にハローワークで担当者と仲良くなると、いろいろな情報も教えてもらえることもあります。

もちろん公務員なので迂闊なことは言えませんが、「以前面接でこんなことを聞かれたという人がいた」とか「若い人しか採用しない」「経験豊富なひとばかり応募している」など求人票には記載されていない情報を差支えない範囲で教えてもらえるようになります。

他にもハローワークだからこその長い付き合いから知っている情報もあります。

例えば担当者の性格とか質問の傾向といった情報です。

本来ハローワークは公平・中立を保つ機関なのですが、現場の担当者も人間ですので気持ちで左右されることは現実にあります。

実はこうした「自分の味方を増やす」という手法は仕事をするうえでも活かせる手法です。仕事をしているくらいのつもりで転職活動に臨み、ハローワークの担当者を味方に付けてみましょう。

本気で採用されたければ、自分の都合はいったん忘れてみよう!!

大学生の頃は、求人広告を見るときには、まずは「時給」のところを見ていました。

そして「週に何日働いて、そうすると月にいくら…」というふうに、一ヶ月の収入を計算したりしていました。

たしかに、短期のバイトなど、割りきって探すのならば、それでいいと思います。

でも、大人になって、自分の経験から、ちゃんと就職したり、アルバイトでも長期でしっかり仕事をしたいという人は、「時給」ばかり見ていては、ダメだと思いました。

まず、ほんのわずかばかり時給が良くても、働きにくい職場だと、すぐに辞めたくなってしまうこと。

例えば上司や先輩が意地悪だとか、人間関係が煩わしい職場。これはストレスが溜まりますから、避けたいですよね。

それから、仕事自体がキツかったり苦しかったりしすぎるのも、ダメです。いくら良い仲間がいても、身体が持たないというのは話になりません。

大学の3年のとき、たまたま友人から紹介されたアルバイトをしたのですが、この職場はとても自分としても成長させてもらえたし、これから就職する自分に自信を持つこともできるようになりました。

職場の仲間もいい人が多くて、最初の頃失敗ばかりしている自分に、思いやりのある言葉を何度ももらいました。

貴重な経験をすることができて、本当にありがたかったです。

でも、その職場の求人情報が出ている求人誌をある日見せてもらったら、時給はあまり高くないし、「金髪茶髪はバツ」って書かれていて、いかにも厳しそうで小うるさそう。

きっと求人情報誌で見かけたのなら、応募しなかったと思います。

自分にとってほんとうに良い職場は、決して「時間給」を見ているうちは、見つからないのだと思います。

やりたい仕事にかけてみるとか、やったことのない仕事で成長したいとか、自分のやる気が続く職場を探して、いったんは様々な条件(給与や休日など)を忘れてみるのがいいのかなと思いました。

いろいろ気を付けたい求人の探し方

最近は、規制もあり、求人には年齢制限を書かないところが多くなりました。昔は細かく年齢制限の条件を書いていたのですが、年齢や性別などで規制が厳しくなり、応募する時に迷うことが多くなりました。そのため不況時には、面接だけで100以上受けて落ちるケースが多く見受けられます。ネットや、フリーペーパーの求人では、若い人が活躍中や女性が活躍中や、年配者などが多い職場などのタイトルがあるところがあり、こういうところでは、年齢制限があることを察知したいものです。例えば、若い人が活躍中なら20代あたりが範囲とみるほうが、賢明です。もちろん例外もありますが、フリーペーパーなどは、文字数で広告代が決まるため、このようなタイトルがある場合、効率よく求人面接を行う意図で書かれていることが多いです。ちなみに、年配者や高齢者が活躍中などと書かれている求人は、高齢者を雇用して、補助金をもらっている会社のケースが多いようです。また、男女の制限がかかれていなくても、相手方の業態によっては、性別制限があるようで、効率よく求人応募する時には、下調べをしておくと、自分の性別でも雇ってくれるかが、わかりやすいです。求人では、フリーペーパーや職安の求人票以外にも、ネット登録したり、人材派遣に登録しておくと、仕事の案件が効率的に集められることもあります。また、バイトや仕事仲間からの縁故などの求人もよくあるため、仕事先ではなるべく多くの仲間を作るのも、仕事探しには有効です。最近では、ネット上でもクラウドワーキングとして、細かな仕事から、ちょっとしたプロジェクトなどの仕事もあるため、仕事探しの合間に、内職感覚で仕事をするのもスキルアップやお小遣い稼ぎになります。

転職先を探すにあたっては、妥協せず志望を貫こう

5回、転職をしている40代男性です。現在勤務している会社も含め、一貫して経理・総務の事務職に従事してまいりました。
用期間が満期になった時点で、雇用者と被雇用者双方の合意により正社員として登用される紹介予定派遣

派遣社員やアルバイトから正社員を目指す方、是非紹介予定派遣も検討してみてください。

正社員への狙い目は紹介予定派遣
派遣社員やアルバイトで勤務している方の中には、
「本当は正社員で働きたい」という方も少なからずいらっしゃると思います。

しかし、これまで派遣社員やアルバイトで勤務してきた方を、
正社員で採用するには企業も覚悟が必要です。

そんなせめぎあいの中で、生まれた雇用形態が紹介予定派遣です。
紹介予定派遣とは一定期間(3~6か月)派遣社員として勤務し、
派遣社員としての雇用期間が満期になった時点で、雇用者と被雇用者双方の合意により
正社員として登用される、という制度です。

意外とこの紹介予定派遣を知らない求職者が多く、
この雇用形態を提示する求人に対して、正社員の求人と比較すると応募が少ないことがわかっています。

結局正社員になれないのでは…。
という懸念をされる方もいらっしゃいますが、「毎日遅刻する」、「あまりにも勤務態度がひどい」、
「経歴書とスキルが全く違った」などという、大きなミスマッチがなければ、
正社員登用しないなんてことは起こりません。

求職者としても、この雇用形態のメリットは非常に大きいです。
今やブラック企業と呼ばれる、過剰な残業を課す企業や、その残業代を支払わない企業も多く存在します。
そのような会社に数か月の採用面接の時間を費やして入社し、
風土が合わないから、といって退職してしまうのは非常にもったいないことです。

紹介予定派遣は、入社時は派遣社員としての採用のため、
面接などを行わず、早い方で略歴書を提出してから2週間ほどで内定となります。
早々に勤務することができ、早い段階で会社との相性を判断することが可能です。

これにより、退職時の理由として多く挙げられている、
「会社とのミスマッチ」を回避することができます。

派遣社員やアルバイトから正社員を目指す方、是非紹介予定派遣も検討してみてください。